腸活

L.ロイテリ菌は腸活に有効??口腔ケアも出来る凄い菌だった!!

あなたは、L.ロイテリ菌という言葉を耳にしたことがありますか??

最近テレビでも取り上げられ、注目されている乳酸菌の一つなんです。

沢山ある乳酸菌の中でも、なぜL.ロイテリ菌が注目されているのでしょうか??

調べてみたら、私達に嬉しい効果をもたらしてくれる菌でした♪

今回は、腸内細菌の基礎のお話と、ロイテリ菌の特徴をご紹介します!!

腸活するなら知っておくべし!!腸内フローラのこと


まずは、腸内フローラについてお伝えしていきますね^^

腸活をしている人は知っておいて欲しいのが腸内フローラのこと。

なぜなら腸活は、腸内環境を良くするために行う健康法ですが、それはすなわち「腸内フローラの状態を良くする」ということと同じだからです。

そう、とても重要なのです^^

私達の腸内には、様々な種類の菌が数多く生息しています。

種類は約1000種類、
数は約100兆個、
重さは約1~2kgくらいあります。

凄い数ですよね!

そしてそんな腸内を顕微鏡で覗いてみると、菌が沢山ある様子が「お花畑」のようであることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

その沢山ある菌達は、私達の健康を司っており重要な役割を果たしており、体にとって重要な存在です。

腸内の菌達を大きな枠組みを言うと、善玉菌悪玉菌日和見菌の3つに分けられます。

善玉菌 体にとって良い影響を及ぼす。乳酸や酢酸などをつくりだし、腸内を弱酸性に保つ。
悪玉菌 体にとって悪い影響を及ぼす。毒性物質をつくりだし、腸内をアルカリ性にする。
日和見菌 善玉菌の味方をしたり悪玉菌の味方をしたりする。

この3つの菌のバランスが以下のようになっていると、良い状態といわれています。

  • 善玉菌2割
  • 悪玉菌1割
  • 日和見菌7割

善玉菌が悪玉菌よりも優勢な状態です。

ただ腸内の菌の種類やバランスは、その人の生活状況や食習慣の影響を受け、人それぞれ異なります。

そのバランスを整えるために、腸に良い生活や食事をすることが「腸活」になります。

今からお伝えするL.ロイテリ菌も、善玉菌の一つ。

私達の健康を守ってくれる大事な菌です^^

今話題のロイテリ菌!その特徴は??

生きて腸まで届く

L.ロイテリ菌は元々は人の体に生息していた菌で、人の母乳や消化管から見つけられた乳酸菌です。

善玉菌なので、私達の体に良い影響を与えてくれます。

母乳由来の菌なので副作用もないとのこと。安心ですよね^^

妊婦さんにも、お子さんにも虫歯予防として使うことができます。

そして多くの乳酸菌は、サプリや発酵食品などで摂ったとしても、胃酸などで死滅する乳酸菌も多くあります。

その中でL.ロイテリ菌は、90%が腸まで生きて届き、腸に定着しやすい性質があり腸内環境を整えてくれます。

口腔内の健康を守る


最近はバクテリアセラピーという言葉が出てきています。

バクテリアセラピーとは?

バクテリア=細菌
セラピー=治療
であり、“菌を使って菌を制す”細菌を使った治療法のこと。

その中でL.ロイテリ菌は、口腔内の環境を良くするということがわかっており、L.ロイテリ菌を使用した治療法が話題になっています。

広島大学で行われた研究によると、「試験管の中で虫歯菌とL.ロイテリ菌を一緒に培養すると、虫歯菌の増殖は約90%抑制される」という研究結果が出ています。

また口臭抑制にも働くと言われており、口腔内の健康を守ります。

先ほど、腸内には善玉菌や悪玉菌などが生息していて、そのバランスが大事だということをお話ししましたが、実は口腔内にも同じように善玉菌や悪玉菌が生息しています。

市販の薬用歯磨き粉などに殺菌作用がありますが、実はそれは善玉菌まで殺してしまいます。

その一方でL.ロイテリ菌は善玉菌を増やし、悪玉菌を抑制する力を持っているため菌質から良い状態へ変えることができます。

L.ロイテリ菌はどうやって摂取すれば良い??

L.ロイテリ菌に関するサプリメントやヨーグルトなどが今、たくさん販売されています。

自分に合ったもので摂ることが良いですね。

また「L.ロイテリ菌」で検索すると、歯科医院で販売しているサプリメントも見受けられてますので、参考にされては如何でしょうか??^^

まとめ

  • 腸内フローラの状態を整えることが大切
  • L.ロイテリ菌は腸まで生きて届き定着しやすい
  • 口腔内の健康を保つにも役立つ菌

菌は目に見えませんが、私達の健康を守ってくれます。
特にL.ロイテリ菌は歯の健康も守る有能な菌です。
今後さらに注目の的になるかもしれませんね^^